6月16日にGoogleが大幅変動。その4日後にガイドラインに違反するアフィリエイト サイトの説明を

6月16日に久しぶりにGoogleに大幅な変動が見られました。

検索順位のランクアップしたサイトが評価されたというより、外部要因などでランクダウンしたサイトの影響で、大幅な順位変動があったようにも思えたましたが。

ただ、数日後には、ランクダウンしたサイトのリカバリーなどで、ランクアップしたサイトも以前の順位にもどるパターンが多く見えました。

Googleの外部リンクに対する評価およびサイト自体の評価にますます厳しさがましてきたように思えます。

そして、20日のGoogle ウェブマスター向け 公式ブログ「アフィリエイトを導入されているウェブマスターの皆さまへ」と題して
ガイドラインに違反するアフィリエイト サイトに関しての説明が公開されていました。

基本的な内容は、

どのようなアフィリエイト サイトがガイドラインに違反するかという説明で、

ガイドラインに違反する可能性が低いサイトとガイドラインに違反する可能性が高いサイトに関しての例を挙げて説明されていました。

そして、

「ユーザーにとって有益である事の少ないサイトは、長くGoogle の検索結果で上位表示されることはほとんどありません。」

と、説明されていました。

詳しくは、

2011.6.20.
Google ウェブマスター向け 公式ブログで「アフィリエイトを導入されているウェブマスターの皆さまへ」

サテライトサイト等からの外部リンクに関する忠告かもしれない?

しかし、この記事をこの時期になぜ、Googleが公開したのか?

と考える、あくまでもアフィリエイト サイトに関するガイドライン違反への忠告にもとれるが、別の意味でサテライトサイトなどからの、外部リンクなどの忠告にもとれるような気がしたのは私だけでしょうか?

確かに、今やブログのサイドバーからの数百ものアンカーテキストリンクは、ほとんど評価はないと言われるている傾向が高く、さらに安易な自作自演の外部サイトからのリンクは、ペナルティーの可能性が高いとも言われています。

最近では、外部リンク販売業者のリンク付け作業よりも、リンク削除作業の費用をそれないりに請求される業者も多いと聞きます。

くれぐれも、安易な有料外部リンクの購入は、以前以上にすごいリスキーな時代に入ってきているようにも思えます。

しかし、現実はまだまだGoogleの外部リンク評価は高いという事で、有料外部リンク購入者は増えているように思えるのですが。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む